ここから本文です

土屋太鳳、『青空エール』共演の平祐奈と再び「演技をぶつけ合いたい」

クランクイン! 9月3日(土)17時0分配信

 現在公開中の映画『青空エール』に出演する土屋太鳳が1日、自身のブログを更新し、同作で共演した平祐奈について「祐奈ちゃんはいつも明るく輝いていて、太陽のようでもあり、向日葵のようでもあり、でも、綺麗な月のような、静かな美しさのある人」と振り返った。さらに、平の「目がすごく激しくて強い」と印象を語るも、「すごく儚い目でもあるんですよ」と分析した。

【関連】「土屋太鳳」フォトギャラリー


 本作で土屋は、甲子園で野球部を応援する吹奏楽にあこがれ、初心者ながらも吹奏楽部に入部しトランペットを始める主人公・小野つばさ役、平は野球部を支える女子マネージャー澤あかね役を演じている。

 ブログの中で土屋は、「祐奈ちゃんと一対一で演技をぶつけあうと、祐奈ちゃんの目がすごく激しくて強いんです」「素敵だったなあ…」「これからもいろいろな関係性の役でまた祐奈ちゃんと出会って演技をぶつけ合いたいです」と綴っている。

 映画を観たファンからは「感動しました~!おもしろかったです!たおちゃんとっても可愛かったなあ」「自分高校時代野球をやっていたのですごく懐かしかったです」「青空エールを見て、高い目標を持って努力を続けることの大切さや、仲間を思いやれる心の大切さをあらためて感じました!」などのコメントが寄せられた。

最終更新:9月3日(土)17時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。