ここから本文です

ソフトB・柳田が右手を骨折 首位チームの主力が勝負所で故障離脱したケースは?

ベースボールキング 9月3日(土)8時0分配信

柳田離脱も…ソフトBに優勝M20点灯!

 首位・ソフトバンクは2日の楽天戦に勝利し、2位日本ハムが敗れたため、ソフトバンクに優勝マジック20が点灯した。ただ首位を走るソフトバンクの柳田悠岐が1日の西武戦で、右手薬指を骨折。全治6週間と診断され、シーズン中の復帰がほぼ絶望的となった。

 リーグ3連覇を目指すソフトバンクにとって、8月31日の西武戦まで開幕から119試合連続でフルイニング出場を続けてきた柳田の離脱は大きな痛手。中心選手の柳田の離脱がチームにどのような影響を及ぼすか気になるところ。

09年の日本ハムはエース・ダルが故障も優勝

 最近10年、首位を走るチームの主力が、シーズンの大事な局面で離脱したケースを見てみると、2009年にリーグ優勝した日本ハムが当てはまる。同年8月に糸井嘉男、小谷野栄一、二岡智宏、鶴岡慎也、スレッジ、宮西尚生など当時の主力選手が相次いでインフルエンザや発熱で離脱。さらにエースのダルビッシュ有が同月21日のソフトバンク戦後に、右肩の違和感を訴え、翌日に登録抹消された。

 相次いで主力が離脱したこともあり日本ハムは、8月18日の楽天戦から25日のオリックス戦にかけて6連敗。連敗前の8月17日終了時点で、首位・日本ハムは2位ソフトバンクに7ゲーム差を付けていたが、6連敗後には3ゲーム差まで詰められた。

 その後、インフルエンザで離脱した選手が戦列に戻り、ダルビッシュも9月13日に一時復帰。これで一気に再加速するかと思われたが、ダルビッシュは9月23日に肩と腰に違和感を訴え再び登録抹消。エース不在の中でも、チームは勝利を積み重ね、10月6日に2年ぶり5度目のリーグ優勝を決めた。

08年の阪神は前半戦に優勝マジックを点灯も…

 一方で、2008年の阪神は7月22日に優勝マジック46を点灯するなど、圧倒的な強さを誇りながらも、シーズン終盤に新井貴浩の離脱が響きリーグ優勝を逃している。

 この年から阪神に加入した新井は3番打者として、一時は打率3割4分を超える高打率をマークし、前半戦の快進撃を支えた。だが、前半戦の終盤に腰痛を訴え一時離脱。すぐに復帰したが、8月に行われた北京五輪の日本代表に選出され、ケガを押しながらも出場した。結果的に、五輪中に症状が悪化し、帰国後に腰椎の疲労骨折していたことが判明。

 新井はシーズン終盤の9月下旬に復帰したが、この時には一時13ゲーム以上離していた巨人の勢いが阪神よりも上回っていた。結局、前半戦に優勝マジックを点灯させた阪神だが、巨人に大逆転優勝を許し、岡田彰布監督(当時)は同年限りで退任した。

 柳田を欠く首位・ソフトバンクは、09年の日本ハムのように最後まで逃げ切れるのか…。それとも、阪神のように優勝を逃してしまうのか…。柳田の離脱を感じさせない戦いを期待したいところだ。

BASEBALL KING

最終更新:9月3日(土)8時22分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。