ここから本文です

侍ジャパンU-18が決勝進出! 高橋-堀-藤平のリレーで逃げ切り

ベースボールキング 9月3日(土)21時56分配信

○ 日本代表 3 - 1 韓国代表 ●
<U-18アジア選手権・台中野球場>

 韓国と対戦した日本は、1点を追う4回に相手のミスと入江大生(作新学院)のタイムリーなどで3点を奪い逆転。このリードを高橋昂也(花咲徳栄)、堀瑞樹(広島新庄)、藤平尚真(横浜)のリレーで守り抜き、日本が3-1で勝利し、決勝進出を決めた。

 先発は今大会初登板となった高橋昂也(花咲徳栄)。2回まで無安打に抑えたが3回、一死二塁からイ・ジュンホにレフト前タイムリーを浴び先制を許し、日本は今大会初失点を喫する。

 早く追いつきたい日本は直後の4回、二死一、二塁から林中勇輝(敦賀気比)の打球を処理した韓国のショートが悪送球し、同点に追いつくと、相手バッテリーミスの間に1点を奪い逆転。さらに、入江のタイムリーヒットが飛び出し、この回3点を挙げた。

 2点のリードをもらった高橋は、尻上がりに調子を上げていき、韓国打線を封じていく。8回に二死一、三塁とピンチを作ったところで、堀瑞樹(広島新庄)がマウンドへ。堀はナ・ジョンデオクを空振り三振に仕留め、ピンチを凌いだ。堀は9回二死まで登板し、二死から藤平が最後の打者を左飛に仕留め試合を締めた。

BASEBALL KING

最終更新:9月3日(土)22時31分

ベースボールキング

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]