ここから本文です

紀伊半島大水害の企画展示

紀伊民報 9月3日(土)16時33分配信

 和歌山県那智勝浦町宇久井の吉野熊野国立公園宇久井ビジターセンターで、2011年9月の紀伊半島大水害についての企画展示が開かれている。災害発生のメカニズムや被害状況の写真などを紹介しており、担当者は「大水害から5年を機に、あらためて防災意識を高めてもらえたら」と話している。無料。

 同センターのほか、和歌山大学災害科学教育研究センター、環境省熊野自然保護官事務所の主催。

 会場では、これまでの研究で明らかになった地形・地質によって異なる斜面崩壊などの災害発生メカニズムを説明するパネル、被害状況の写真など約50点を展示している。

 水曜休館。10月23日まで。

最終更新:9月3日(土)16時33分

紀伊民報