ここから本文です

那智山で熊野詣で再現

紀伊民報 9月3日(土)16時32分配信

 和歌山県那智勝浦町那智山一帯で10月23日に開く熊野詣でを再現するイベント「第30回記念あげいん熊野詣」で、主催する実行委員会が、平安時代の衣装を着て熊野古道を歩く参加者を募集している。申し込みの締め切りは30日だが、定員になり次第締め切る。

 熊野古道大門坂や熊野那智大社、那智山青岸渡寺など約2キロを歩く「御幸行列」がある。対象は高校生以上で、定員は男性が衛士役20人、女性は尼役10人、女房役100人。参加費は衣装や昼食、保険代、記念品代として1人5千円。今回は特別に、30回記念として30歳の参加者へ記念品を贈る。時間は午前8時~午後3時半ごろ。

 参加希望者は参加者全員の氏名、今回での参加回数、住所、電話番号、性別、年齢、スタッフが撮影した画像の提供を希望するかどうかなどを記入し、メール(nachikan@mb.aikis.or.jp)かファクス(0735・52・0131)に送ればよい。

 また、ガイドによるあげいん熊野詣見学ウオークも同時開催。募集は先着50人。参加は無料。

 問い合わせは、那智勝浦町観光協会(0735・52・5311)へ。

最終更新:9月3日(土)16時32分

紀伊民報