ここから本文です

イカ墨画コンクール開く

紀伊民報 9月3日(土)16時32分配信

 すさみ町観光協会(和歌山県)は2日、イカ墨で描く水墨画コンクールの審査会を同町江住の「道の駅すさみ」で開いた。独特の色合いや表現の作品がずらりと並び、審査員を悩ませた。

 コンクールは「夏の味覚まつり」の一環で、6~8月に観光協会が作品を募集していた。今年は10都府県の68人から計94点の応募があった。

 イカ墨ならではのセピア色の絵だけでなく「すさみのスルメイカは金メダル」「今宵(こよい)はイカがいたしましょう」といったメッセージを書き込んだ作品も多かった。観光協会や町商工会の職員ら6人で審査し、グランプリ1点、優秀賞2点、入選5点を選んだ。

 入賞は次の皆さん。

 グランプリ=新田憲明(香川県)▽優秀賞=堀田清子(大阪府)、北代尚子(同)▽入選=海部裕子(神奈川県)、海部朱実(同)、服部千恵子(大阪府)、村井昭代(同)、表貞子(同)

最終更新:9月3日(土)16時32分

紀伊民報