ここから本文です

里山の暮らし身近に 金沢・湯涌の団体、若者向けに田舎体験ツアー

北國新聞社 9月3日(土)2時44分配信

 湯涌地区のにぎわい創出を目指す学生と社会人による団体「湯涌若者活性化グループ花咲くLIFE(ライフ)」は、里山の魅力を1年を通して味わう体験ツアーを始める。秋のサツマイモ収穫、冬の雪かきなどを予定しており、若い世代に田舎暮らしを身近に感じてもらう。第1弾として3日、白山市でジビエ料理を味わうツアーを開く。

 花咲くLIFEは昨年5月に結成し、これまで農作業の従事や移住促進プロジェクト、有害鳥獣の駆除や狩猟についての勉強会などに取り組んできた。

 3日は勉強会で知り合った狩猟免許を持つ長田富士子さんの協力を得て、長田さんの営むクラフトワークスER(白山市河内町下折)で、ジビエ料理を提供し、狩猟文化について学ぶ。

 社会人リーダーの須貝友貴さん(25)は「若い人たちに、里山の魅力を知ってほしい」と話した。

北國新聞社

最終更新:9月3日(土)2時44分

北國新聞社

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。