ここから本文です

初の後援会、能登で発足 金沢武士団、七尾で式

北國新聞社 9月3日(土)2時44分配信

 今秋開幕の男子プロバスケットボール・Bリーグ(3部)に参戦する金沢武(サム)士(ライ)団(ズ)を支援する能登後援会が2日発足した。県内で初めての後援会で、七尾市内で行われた発足式では、宮川輝之会長が「地域の皆さんと一緒にトップに押し上げ、チームの活躍を地域の活力にしたい」と能登のファン拡大に意欲を示した。

 発足式は七尾市魚町(うおまち)の海鮮丼店「網元(あみげん)」で約30人が出席して行われ、金沢武士団の中野秀光社長が「選手ともども地域に入って頑張っていきたい」と後援会の設立に感謝した。鈴木裕紀ヘッドコーチや月野雅人主将ら選手、スタッフが紹介され、懇親を深めた。

 能登後援会は、試合の集客や告知、各種イベント開催などでチームを盛り上げるほか、スポーツを通した地域振興を目指す。問い合わせは事務局=0767(57)5554=まで。

北國新聞社

最終更新:9月3日(土)2時44分

北國新聞社