ここから本文です

セビージャ加入のナスリ、移籍舞台裏を告白「グアルディオラは僕に残留を求めた」

SOCCER KING 9/3(土) 5:17配信

 移籍期限最終日の8月31日に、マンチェスター・Cから日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャへのレンタル移籍が発表された元フランス代表MFサミル・ナスリは翌日、移籍の舞台裏について言及した。大手メディア『ESPN』などが伝えている。

 昨シーズンのプレミアリーグで12試合の出場にとどまったナスリ。ジョゼップ・グアルディオラ監督が就任した今シーズンも定位置を掴めず、ここまでの2016-17シーズンで出場した試合は、8月28日に行われたプレミアリーグ第3節のウェストハム戦のみとなっていた。しかしナスリは、「最後の瞬間までずっと、グアルディオラは僕に残留を求めた。今後はプレーすることになると言ってきたんだ」と語り、指揮官が自身を戦力として捉えていたと主張した。

 指揮官からの慰留があったにもかかわらず、1年間のレンタル移籍という形でクラブを離れる決断をしたナスリ。その理由については、「ファミリーのようなクラブを欲していた。僕を愛し、たくさんのプレー時間を与えてくれるクラブをね。セビージャはそれを与えてくれると思ったんだよ」と明かしている。

 「昨シーズンは僕にとって難しいシーズンになった。でも今は、本当にセビージャで僕のプレーを示したいんだ」と新天地での活躍へ向けて意気込んだナスリ。清武と同じ攻撃的MFでの起用が予想されるが、「フィジカル的にも良い感じだ」と好調ぶりをアピールした。

SOCCER KING

最終更新:9/3(土) 5:17

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。