ここから本文です

マンCに痛手、アグエロのマンU戦欠場決定 “肘打ち”で3試合出場停止に

SOCCER KING 9月3日(土)7時44分配信

 マンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、3試合の出場停止処分を科されることが決まった。イングランドサッカー協会(FA)が9月2日に発表した。

 アグエロは8月28日のプレミアリーグ第3節ウェストハム戦にフル出場して3-1での勝利に貢献した。だが複数メディアの報道によると、同試合の76分、ウェストハムのニュージーランド代表DFウィンストン・リードとの空中戦で競り合った際、相手の顔面に“肘打ち”を見舞ったとされていた。

 遡及的な検証による出場停止処分を科される可能性が浮上する中、マンチェスター・Cは乱暴行為を否定。しかし2日に行われたFAの独立規制委員会はクラブ側の請求を棄却し、アグエロに3試合の出場停止処分を科すことを決めた。

 マンチェスター・Cは次節、9月10日にマンチェスター・Uと対戦するが、アグエロは開幕3連勝同士のダービーマッチに出場できないこととなった。なおマンチェスター・U戦の後は13日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のボルシアMG戦を挟み、17日にはプレミアリーグ第5節ボーンマス戦、21日にはフットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦のスウォンジー戦に臨む。

 ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、開幕3連勝と好スタートを切ったマンチェスター・C。序盤戦最初の山場となるマンチェスター・Uとのダービーマッチでアグエロを欠くこととなった。3試合で3ゴールを挙げているエースの不在は大きな痛手となるだろう。

SOCCER KING

最終更新:9月3日(土)7時44分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。