ここから本文です

マンU“構想外”のシュヴァインシュタイガー、プレミア登録メンバー入りか

SOCCER KING 9/3(土) 14:08配信

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督から構想外の扱いを受けている元ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーが、プレミアリーグの同クラブ登録メンバーに名を連ねた模様だ。イギリスメディア『BBC』が9月2日に報じている。

 報道によると、シュヴァインシュタイガーはモウリーニョ監督から戦力としてカウントされず、トップチームでの練習も許されていない。U-23チームとともにトレーニングに励む日々が続いている。

 しかし今回の報道では、シュヴァインシュタイガーがプレミアリーグの選手登録25名枠に名を連ねたと伝えられた。モウリーニョ監督が今後、どのような扱いをするかは未知数だが、シュヴァインシュタイガーは同リーグの出場資格を確保したことになる。

 なお、プレミアリーグの登録枠は25名が上限で、8名以上の「ホーム・グロウン」選手を含むことが条件となっている。「ホーム・グロウン」選手とは、国籍・年齢を問わず、イングランドサッカー協会(FA)またはウェールズサッカー協会に所属するクラブにて、21歳の誕生日を迎えるシーズン終了までに3シーズン以上、あるいは36カ月以上、プレーした選手を指す。21歳以下の選手は上記25名のリストに無制限に追加登録できる。

 8月31日には国際親善試合のフィンランド代表戦を終え、ドイツ代表でのプレーに別れを告げたシュヴァインシュタイガー。8月24日にはツイッターで「もしチームが必要としてくれるのなら、準備はできている」と綴った。今後はクラブでの活動に専念することとなるが、モウリーニョ監督から出場機会を与えられることはあるだろうか。

SOCCER KING

最終更新:9/3(土) 14:08

SOCCER KING