ここから本文です

“W杯出場確率0%”からの逆襲誓う本田「逆に燃える」

ゲキサカ 9月3日(土)22時53分配信

 逆境に立たされたときこそ燃えるのが、この男だ。タイでの初練習を終えた日本代表FW本田圭佑(ミラン)は「逆に(最終予選の)初戦に負けて(W杯に)出た歴史がないことを聞かされると燃える。それだけ難しいことだろうけど、それを結果でみなさんに証明したい」と、胸を張って言い切った。

 1日のW杯アジア最終予選・UAE戦に1-2で逆転負けし、初戦を黒星で終えたハリルジャパン。アジア最終予選が現行のホーム&アウェー方式になった98年フランスW杯以降、過去5大会のアジア最終予選で初戦が黒星だったチームはすべて予選敗退に終わっている。“W杯出場確率0%”の黒星スタート。過去のデータだけを見れば、いきなり正念場を迎えたが、本田自身は「危機感としてはある」としながらも、過度に意識してはいない。

「僕らは前に進まないといけないし、0%なのでもう大会を棄権しますというわけにはいかないでしょ」。笑みをまじえてジョークを飛ばすと、「まだ9試合あるし、やるからには勝ちたい。(W杯に)出ないといけないという使命は感じている」と力を込めた。

「全部勝ちにいくつもりでやるしかない。とにかく自信を持って、ポジティブに次の試合に挑んでいきたい。プレッシャーは初めからある。今までにこれ以上のプレッシャーも経験してきている。正面からこのプレッシャーと向き合いたい」

 UAE戦後はあえて自チームに苦言を呈した。「(日本代表は)数値上はいい戦力がそろっていると思うけど、試合に勝つには数値だけで測れない部分もある。そこが欠けているのは間違いない。根本の気合、根性、足を一歩出してつぶすとか、負けず嫌いみたいなものが大事なところでは求められている」。メディアの前での忌憚のない発言は間接的にチームメイトに伝わることも想定してのものだ。

「意外にみんなニュースを見ているので、僕が何をしゃべってるか知っている選手もいると思う。すぐには変わらないけど、変わっていく努力をすることが大事だし、意識のところを変えないと何も変わらない。まずマインドを変える。そのきっかけを与えたい」

 初戦に負けたことで、良い意味でチームに危機感と自覚が生まれたことに期待している。「若手は若手で“引っ張られてばかりではダメだ”という責任感が芽生え始めると思う。それが日本代表だと思うし、そういう選手しか集まっていないとおかしい。それをピッチの上で表現して、結果として表さないといけない」。言葉ではなく、結果で示す。そのためにもまずは6日のタイ戦で最終予選初勝利をつかみ取る。

最終更新:9月4日(日)1時43分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]