ここから本文です

【個別銘柄】保険や百貨店が高い、任天堂上昇、電子部品は下落

Bloomberg 9月2日(金)12時3分配信

2日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は以下の通り。

保険株:第一生命保険(8750)が前日比3.3%高の1488円、T&Dホールディングス(8795)は2.8%高の1218.5円、ソニーフィナンシャルホールディングス(8729)は1.3%高の1431円など。野村証券は超長期などの金利「水準」は依然として低いが、「方向感」に変化が見られることを評価。生保の保険契約には長期にわたるものがあり、企業価値を示すエンベディッド・バリュー(EV)は短国金利より超長期国債金利との感応度が高いため、20年や30年の国債金利上昇でEVも増加が見込めると指摘した。

百貨店株:J.フロント リテイリング(3086)は5.2%高の1254円、高島屋(8233)は3.4%高の795円、三越伊勢丹ホールディングス(3099)は3.8%高の1000円など。野村証券は1日付の百貨店セクターリポートで、8月の販売は円高株安の後遺症などで不振だったが、2016年末から17年度上期にかけて減収率は徐々に縮小するとの見通し示した。上期決算後は、2017年4月完成予定の銀座再開発を明確なカタリストに持つJフロントなどが先行する形で株価が本格反転する可能性があるとみている。

任天堂(7974):1.7%高の2万3820円。ソフトバンクは全国の3700店舗がスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」の中に「ポケストップ」や「ジム」として登場すると発表した。松井証券ではポケモンGO人気はピークアウトしつつあるが、ビジネスとして集客利用のケースが出てきていることが評価されているとの見方を示した。

電子部品株:アルプス電気(6770)が4.8%安の2287円、日本航空電子工業(6807)が4.6%安の1551円、ミネベア(6479)が2.7%安の1017円など。サムスン電子がバッテリー不具合による発火を理由に、スマホ新製品「ギャラクシーノート7」の世界的なリコールを発表する見通しと聯合ニュースが報じた。岩井コスモ証券では、今週強かった電子部品株や自動車関連株に利益確定売りが出るなか、サムスンの新型スマホのリコール報道も嫌気されたとみている。

1/3ページ

最終更新:9月2日(金)15時30分

Bloomberg