ここから本文です

テニス=セリーナが女子の四大大会通算最多勝達成、全米OP

ロイター 9月4日(日)9時5分配信

[ニューヨーク 3日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは3日、ニューヨークで試合を行い、女子シングルス3回戦では世界ランク1位で第1シードのセリーナ・ウィリアムズ(34、米国)がヨハンナ・ラーション(スウェーデン)を6─2、6─1で下し、16強入りを果たした。

セリーナはこの勝利で四大大会での通算勝利数を307とし、マルチナ・ナブラチロワ(米国)を抜いて1968年のオープン化以降では女子の歴代トップに浮上した。男子の歴代トップはロジャー・フェデラー(スイス)で、やはり通算307勝。

試合後セリーナは、「すべてが始まったこの全米オープンで記録を作れるなんて、これ以上に素晴らしいことはない」とコメントした。

このほか第4シードのアグニエシュカ・ラドワンスカ(ポーランド)、第5シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)も勝ち上がった。

女子ダブルス2回戦では日比野菜緒、ニコル・ギブズ(米国)組が勝利を収めた。

最終更新:9月4日(日)9時5分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]