ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】ジェンソン・バトン「引退ではない。他チームへは行かない」

TopNews 9月4日(日)7時9分配信

マクラーレン・ホンダとジェンソン・バトンが2年間、マシン開発とチームの主要メンバーとしての新たな契約を締結した。

●【マクラーレン・ホンダ】ストフェル・バンドーン「今日サインする時は特別な気持ちになった」

ジェンソン・バトンは、ウィリアムズへの復帰も噂されていたが、マクラーレン・ホンダでの新しい役割を選択した。

バトンは2017年こそ開発とリザーブドライバーとして留まるが、2018年にはマクラーレン・ホンダ側がレースドライバーとして復帰させるオプションを持っているという。

■ジェンソン・バトン「引退ではない」

「マクラーレン・ホンダのチーム重要メンバーとして残留することを嬉しく思っているよ。実際、ロン(・デニス)と綿密に何度も話し合った結果として出てきた、新しい役割にものすごく興奮している。具体的には、僕たち全員が努力して成功をもたらすために、チームの努力により深く関わることを楽しみにしているよ。

僕はマクラーレン・ホンダを愛しているんだ。今まで働いてきた中でも最高の人々の集団で構成されていると固く信じている。他のF1チームのために走るつもりはない。

明確にしておくけど、僕は間違いなく引退したわけではない。僕は2017年と2018年の契約を結んで、クルマの開発に懸命に努力するつもりだし、どこかで新車のステアリングを握ると確信しているよ」

最終更新:9月4日(日)7時18分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。