ここから本文です

口臭は人間関係トラブルの素!口臭予防対策で信頼関係を築く

ZUU online 9/4(日) 6:10配信

口臭は、さまざまなコミュニケーションの場面でトラブルの原因になっているといわれています。自分では気づかないうちに、会話の相手に不快な思いをさせているかもしれません。

友人との何気ない会話のとき、仕事中における取引先や上司・同僚などとの打ち合わせ中などは特に注意が必要です。

■確実に知っておくべき口臭の主な原因3つをチェック

口臭の原因として最も考えられやすいのが「食事の後」の匂い。確かにニンニクを材料に使っている料理を食べた後などは、歯磨きなどの対策は必要でしょう。しかし、口臭の原因は食事だけではありません。さまざまな要因から口の中に匂いが溜まってしまうのです。考えられる原因は3つあります。

まず1つめは、口の中に汚れが残っている場合です。食べカスが歯に詰まったままのときや、歯周病や虫歯があるときは匂います。また、舌の上に溜まる舌苔も原因となります。

2つめは、ドライマウスです。口の中が乾燥することにより、嫌な匂いを発します。これは緊張などからのストレスを感じた後や、コーヒーを飲んだり甘いものを食べたりした後に乾燥した場合が、特に強い匂いを発する瞬間なのです。

3つめは、体調不良や病気のときです。風邪をひいているときや胃炎・胃潰瘍などを患っているときなどに、体内から口の中にかけて匂ってきます。

■相手や周りの人のために口臭対策を講じる

原因あるものは、対策をすれば多少は現象が和らぐ可能性もあります。口臭についても、それぞれの原因別にできるだけ防げるよう対策を考えてみましょう。

1つめの口の中の汚れは、例えば糸ようじのようなもので、歯と歯の間を綺麗にすることも立派な対策となります。また、歯磨きのタイミングも朝晩だけでなく昼食後にもおこなえば、日中の匂いを和らげる効果が期待できるでしょう。

2つめのドライマウスは、口の中が乾燥しないようにとにかく水分補給することが大切です。コーヒーはカフェインが入っているので逆効果になってしまうことがあるので、口臭を抑えるための乾燥対策には水が1番適しているといわれています。

3つめの体調不良や病気の場合は、まず根本的な治療を施さなければいけません。元気な体になることで、自然と口臭の原因も取り除かれることでしょう。

■口臭予防に効果が期待できる食べ物や飲み物とは?

普段口にする食べ物や飲み物で口臭が予防できれば、効率的です。手軽に試すことのできるものを紹介します。

まず食べ物ですが、爽やかな香りで消臭効果が期待できるのが、柑橘系のフルーツです。ミカンやグレープフルーツなどは、消化を助けたり、疲労回復などの効果も期待でき、ストレス軽減による口臭予防にも役立ちます。

次に、ヨーグルトがあげられます。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、口臭の原因と言われる虫歯原因菌を抑えてくれる働きがあるといわれています。加糖されていないプレーンヨーグルトが最も適しており、効果的です。

飲み物は、緑茶とココアが口臭予防に効果的です。どちらにも共通しているのがポリフェノールを含んでいること。ポリフェノールには抗酸化作用があり、消臭や虫歯予防に効果が期待できます。

■口臭を抑える最後のとっておきグッズ

「今すぐどうしても口臭を抑えたい!」という緊急事態時には、比較的に長期的な観点の口臭予防では間に合いません。そのような時は「口臭グッズ」に頼りましょう。最も早く効果を発揮するのが「マウスウォッシュ」です。液体タイプで口をゆすげば早い即効性もあり、口臭が気になるときいつでも手軽に使うことができます。味もスッキリタイプからマイルドなタイプまで種類が豊富なので、刺激が苦手な人でもさまざまなタイプから選ぶことができ、便利です。

ただし、口臭グッズは一時的な対策なので、基本的には日常の口腔ケアや正しい食生活などを実践し、根本的な口臭対策を心がけるようにしましょう。(提供:ヘルスグリッドオンライン)

最終更新:9/4(日) 6:10

ZUU online

なぜ今? 首相主導の働き方改革