ここから本文です

台湾証券取引所、座談会でフィンテックのあり方など議論

中央社フォーカス台湾 9月4日(日)16時43分配信

(台北 4日 中央社)台湾証券取引所は8月30日、IT(情報技術)と金融を融合した「フィンテック」に関する座談会を開催し、フィンテックのあり方やマネーロンダリング(資金洗浄)防止に関する議論が行われた。

同取引所によると、先物取引業者やIT企業などから金融監督管理委員会が推進する取り組みに高い支持が寄せられたという。また、多くの先物取引業者がフィンテックの応用に関心を示す一方、早急な法整備や人材の育成を求める声が関連アンケートを通じて分かったとしている。

フィンテックの広まりを受け、同取引所では今後、情報の安全管理制度や人工知能の強化を進め、市場参加者の権利と利益の保障に努める方針。

(田裕斌/編集:齊藤啓介)

最終更新:9月4日(日)16時43分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。