ここから本文です

6馬身差楽勝!レーヌミノルがデビュー2連勝で重賞V/小倉2歳S

netkeiba.com 9/4(日) 15:42配信

 4日、小倉競馬場で行われた小倉2歳S(2歳・GIII・芝1200m)は、2番手でレースを進めた浜中俊騎手騎乗の1番人気レーヌミノル(牝2、栗東・本田優厩舎)が、3~4コーナーで先頭に立つと、ノーステッキで楽々と後続を突き放し、2着の10番人気ダイイチターミナル(牡2、美浦・高市圭二厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分8秒0(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気カシノマスト(牡2、美浦・蛯名利弘厩舎)が入った。なお、2番人気クインズサリナ(牝2、栗東・西村真幸厩舎)は6着、3番人気オールポッシブル(牝2、栗東・高橋亮厩舎)は9着に終わった。

 勝ったレーヌミノルは、父ダイワメジャー、母ダイワエンジェル、その父タイキシャトルという血統。8月7日の新馬戦に続くデビュー2連勝での重賞勝利となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆レーヌミノル(牝2)
騎手:浜中俊
厩舎:栗東・本田優
父:ダイワメジャー
母:ダイワエンジェル
母父:タイキシャトル
馬主:吉岡實
生産者:フジワラファーム
通算成績:2戦2勝

最終更新:9/4(日) 16:54

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]