ここから本文です

前年同期比3倍超 徳島県で平成初の「交通死亡事故多発非常事態宣言」発令

レスキューナウニュース 9月4日(日)7時0分配信

徳島県内では9月2日現在、2016年に39件40人(前年同期比27件27人増)の交通死亡事故が発生したことを受け、徳島県警は平成に入って初となる「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発令し、県警本部長が全警察官に「交通ルール順守などの交通安全思想が県民に浸透するよう諸対策強化」を指示、9日まで街頭監視活動を強化しています。
8月24日時点では、高齢者の死者数が28人と7割を占めているほか、四輪車による死者20人中11人がシートベルト等非着用となっています。

【徳島県内での2016年交通事故死者数】
<月別>
・1月:6人(3人増)
・2月:4人(2人増)
・3月:7人(3人増)
・4月:4人(4人増)
・5月:5人(3人増)
・6月:5人(4人増)
・7月:2人(2人増)
・8月:6人(5人増)
・9月:1人(1人増:2日現在)

※年間死者数:2015年27人 14年31人 13年49人 12年32人 11年49人

・05/05、美馬市の国道トンネル内で正面衝突、2人死亡4人負傷 美馬市長(当時)運転のワゴン車がはみ出しか
・05/12~/21 8年ぶりとなる交通死亡事故多発警報発令
・06/05 徳島市の国道で横転事故、1人死亡 2016年の死者数が27人となり、半年足らずで去年1年間に並ぶ
・06/10~/19 今年2度目の交通死亡事故多発警報発令
・08/23、徳島市の県道で歩行者2人がはねられ、1人死亡1人負傷 運転手が「ポケモンGO」をしていて前方不注意か
・08/24~09/02 今年3度目の交通死亡事故多発警報発令→08/31と09/01にも交通死亡事故発生

レスキューナウ

最終更新:9月4日(日)7時0分

レスキューナウニュース