ここから本文です

【F1 イタリアGP】ハミルトンが今季7回目のポールポジション、ホンダ勢はQ3進出ならず

レスポンス 9月4日(日)10時46分配信

2016年のF1第14戦イタリアGPの公式予選が3日、モンツァサーキットで行われルイス・ハミルトンが今季7回目のポールポジションを獲得した。

[関連写真]

今年もイタリアGPの舞台となったモンツァには地元フェラーリを応援する熱狂的なファンで埋め尽くされたが、今回もQ1からメルセデス勢がリードしていく展開。中でもハミルトンの調子が良く、Q1・Q2とトップで通過すると最終Q3でも1回目のアタックから僚友ニコ・ロズベルグを0.3秒引き離した。

対するロズベルグも2回目のアタックで、タイムを更新。セクター2を通過して、わずかながらハミルトンを上回るタイムを記録するが最終セクターで0.2秒遅れトップ更新ならず。一方のハミルトンは自らのタイムを0.2秒更新。1分21秒135で今季7回目のポールポジションを決めた。2番手にはロズベルグ、3番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続いた。

マクラーレン・ホンダ勢は、フリー走行ではトップ10に入る速さを見せていたが、予選では苦戦を強いられフェルナンド・アロンソが13番手、ジェンソン・バトンが15番手という結果に終わった。


2016F1イタリアGP公式予選結果
1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分21秒135
2.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分21秒613
3.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)1分21秒972
4.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分22秒065
5.バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)1分22秒388
6.ダニエル・リチャルド(レッドブル)1分22秒389
7.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)1分22秒411
8.セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分22秒814
9.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)1分22秒836
10.エステバン・グティエレス(ハース)1分23秒184


13.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分23秒273
15.ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分23秒399

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:9月4日(日)10時46分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。