ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】ロン・デニス「これ以上無いバランスの取れた完ぺきなコンビ」

TopNews 9月4日(日)10時6分配信

マクラーレン・ホンダは2017年のドライバーラインナップを発表した。そして2018年まで「3名ドライバー体制」という新たな試みで参戦することも合わせて発表している。

●【マクラーレン・ホンダ】ストフェル・バンドーン「今日サインする時は特別な気持ちになった」

■マクラーレン会長兼CEOロン・デニスのコメント

「マクラーレン・ホンダの来期レースドライバーは、優れた才能で定評のあるフェルナンドと、未知なるポテンシャルを持つストフェルの2名で、これ以上無いバランスの取れた完ぺきなコンビになります。

まず彼らの話をする前に、過去7年もの間、レースドライバーとして我々と共に戦ったジェンソンの話をしましょう。彼は単に速いだけではなく、どんな時でもすばらしい振る舞いをしてくれました。明日のレースが彼にとって298戦目となることが示すように、現役レースドライバーの中で最も経験のあるベテランです。そのジェンソンと2018年まで契約を延長することで、マシン開発はもとより、引き続きチームにとって重要な役割を担ってもらえることになりました。また、必要に応じてレースに出てもらうことも有り得ます。

ジェンソンが引き続き我々と共に働いてくれることに、どれだけワクワクしているか、マクラーレン・ホンダの皆を代表して、彼に伝えたいと思います。来シーズンのライバル達との戦いに、彼の長年に渡る経験と知識が我々のアドバンテージになることは間違いありません。

フェルナンドにとって2017年シーズンは、マクラーレン・ホンダのレースドライバーとして3年目となりますが、我々が彼をどれだけ信頼しているかは、もはや説明の必要はありません。彼は私がこれまで見てきたF1ドライバーの中で最も優秀かつ最も速いドライバーの一人で、彼と同じチームで働けることを誇りに思います。彼はこの2年間、勤勉かつ辛抱強く頑張ってくれ、来シーズンはマクラーレン・ホンダが良い結果を残し始めるに違いないと言ってくれました。

ストフェルは2013年2月からマクラーレンの若手ドライバー育成プログラムのメンバーであり、その11ヵ月後にはF1のテスト兼開発ドライバーに抜擢されました。これまでの2年半、彼は自分の役割をしっかり果たしてチームに貢献してくれました。

また、フェルナンド、ジェンソン、あるいは優秀なエンジニア達から多くを学び、2013年のフォーミュラ・ルノーでチャンピオンシップ2位、昨年のGP2シリーズでは他を寄せ付けない強さでチャンピオンを獲得するなど、この緻密に計画された育成プログラムを、卓越した結果をもって完了しました。ストフェルのF1デビュー戦となった今年のバーレーンGPで彼が証明してくれたように、彼にはもうF1へステップアップする資格があるのです」

最終更新:9月4日(日)10時6分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]