ここから本文です

華やかに290人フラ披露 「アロハフェス」熱海が南国に

伊豆新聞 9月4日(日)14時0分配信

 熱海市渚町の親水公園イベント広場で3日、「アタミ・アロハフェスティバル2016」(熱海温泉ホテル旅館協同組合主催)が始まった。県内外のフラダンス愛好団体が集まり、ハワイアン音楽に合わせたフラダンスを披露、心地よい海風も加わり南国の雰囲気が会場を包んだ。4日まで。

【熱海湾】“夏花火”フィナーレ 秋の大会は9月19日

 「青い海と月の光と星空をバックにハワイアンを楽しむ」をテーマにしたイベント。初日は31組約290人が出演した。華やかな衣装に身を包んだ出演者が笑顔で優雅な踊りを披露した。会場には来場者だけでなく、出演団体の“専属カメラマン”“応援団”もずらりと並び、1曲終わるごとに大きな拍手と歓声が起きた。

 ゲストでは現役女子大生プロ歌手IZUMI(イズミ)さんとハワイアン音楽を奏でるデュオ「LauLa(ラウラ)」が登場。来場者、出演者を喜ばせた。同組合の公式キャラクター「あつお」も盛り上げに一役買った。会場では飲食などの出店もあり、多くの人でにぎわった。

 4日は30組約330人が出演する予定。時間は午後1時から7時半ごろまで。雨天時はホテル・サンミ倶楽部で開催する。問い合わせは同組合〈携帯090(2684)4670〉へ。

最終更新:9月4日(日)14時0分

伊豆新聞