ここから本文です

「現実に重なって見える」? 高畑淳子、「真田丸」最新話で意味深「放心シーン」

J-CASTニュース 9月4日(日)21時0分配信

 女優の高畑淳子さん(61)が、2016年9月4日夜放送のNHK大河ドラマ「真田丸」第35回に出演した。淳子さんが同ドラマに出演するのは、長男の高畑裕太容疑者(22)が8月23日に強姦致傷の容疑で逮捕されてから初めて。インターネット上では、「普通に出てるじゃん」「出番がちゃんとあってよかった」と安堵の声が広がった。

 ただ、同日の放送では、淳子さん演じる薫が心労の余り放心状態になるシーンも。ツイッターなどには「高畑淳子さんの悩んでる姿が現実に重なって見える」「実の息子のことで心労で…」といった声も数多く出ていた。

■「やっぱり高畑淳子さんは素晴らしい女優」

 「真田丸」では、主人公・真田信繁の母・薫役を演じている淳子さん。第1話から登場している主要キャラクターの一人だが、物語の都合上か前回の8月28日放送分には登場シーンがなかった。

 淳子さんの同作への出演をめぐっては、裕太容疑者の逮捕後にスポーツ各紙が「予定通り出演する」と報じていたが、ツイッターには、

  「真田丸の薫殿は今後出てくるのかな......最近出てないししれっといなくなってそうで」
  「どうか出演シーンを減らしたりとかいう編集はならさぬよう...」
  「今日(編注・9月4日)の真田丸に高畑淳子さんは出てくるんかな」

などと心配する書き込みが複数出ていた。淳子さんが出演キャストに名を連ねていたにもかかわらず、発言シーンが全て編集でカットされていた9月3日の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)の放送も、出演を不安視する向きに拍車をかけていたようだ。

 こうした不安の声が渦巻く中で迎えた9月4日の「真田丸」の放送では、淳子さん演じる薫が冒頭から何度も登場していた。画面に映る淳子さんの姿に、ツイッター上では

  「高畑淳子、普通に出てるじゃん!」
  「薫様の出番がちゃんとあってよかった」
  「やっぱり高畑淳子さんは素晴らしい女優さんだよ。この先も沢山の作品でその演技を見たい。ドラマファンとしてはただそれだけ」

などと安堵の声が広がった。

1/2ページ

最終更新:9月5日(月)12時59分

J-CASTニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。