ここから本文です

さらば、両さん!「こち亀」最終回を電撃発表 作者の秋本氏、決断理由明かす

デイリースポーツ 9月4日(日)5時59分配信

 さらば、両さん!今年で連載40周年を迎えた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、17日発売の「週刊少年ジャンプ42号」(集英社)で最終回を迎えることが3日、分かった。作者の漫画家・秋本治氏(63)が東京・神田明神で、絵巻奉納式後に会見して発表。1976年9月からの長期連載に幕を閉じる秋本氏は「(主人公の)両さんの引き際として、40周年を祝われてスッと消えるのが大団円」と、決断理由を明かした。

 奉納式後の会見序盤では「こち亀」の今後について質問をされた秋本氏が、2020年東京五輪を題材にした構想などを語っていた。質疑応答後、同席していたジャンプの瓶子吉久編集長から終了が電撃発表された。

 秋本氏は「びっくりさせて申し訳ない。さっきも『いつまで続きますか』とか聞かれてたので心苦しい」と“謝罪”。「40年も描かされて…じゃなくて、描かせてもらいまして、作家としては金メダルよりうれしい」と、ギャグ漫画家らしく失言も笑いに変えた。

 コミック累計発行部数は1億5000万部以上で、17日には最終回も収録した200巻がジャンプ本誌と同時発売される。秋本氏は「両さんはお祭り大好き。40周年と200巻をお祝いしてもらって、スッと消えるのが両さんらしい。1年ぐらい前に200巻が現実的になって、終わるか考えて結構迷ってました。この機会を逃すと、両さん的に中途半端になっちゃう。おめでたいときに終わるのが一番」と、感慨深げに言葉をつないだ。

 最終回はコミック収録分のみのカウントで1960話となる。休載は一度もなかった“漫画界の鉄人”は、長期連載の秘けつを「両さんのキャラクターが描いてて面白い。どんな素材を入れても、自由自在に動いてくれたので」と明かした。

 公式サイトの漫画では、両津が「待て!!まだ終わりじゃないぞ!こういうときだけ『最近読んでないけど好きだった』とか、『もっと続いて欲しかった』とか言いやがって。うれしいけど」と終了の弁。大原部長にハリセンでしばかれるオチがついている。

 この日はこち亀史を振り返る8メートルの絵巻が、作中に度々登場する神田明神に奉納された。1年かけて仕上げたという秋本氏は「アレもコレも入れたくて、連載と並行して大変な作業でした。漫画が奉納されて残るのはうれしい」と感無量。

最終更新:9月4日(日)6時29分

デイリースポーツ