ここから本文です

森岡龍&前野朋哉「エミアビ」で急接近した“兄弟弟子”の関係性

映画.com 9月4日(日)10時0分配信

 [映画.com ニュース] 渡辺謙作監督が約8年ぶりにメガホンをとった映画「エミアビのはじまりとはじまり」が、9月3日から公開される。テレビドラマ「天皇の料理番」「64」「あまちゃん」で存在感を示した森岡龍と、auのCMで一寸法師役を演じ注目を集めた前野朋哉が、漫才コンビ役に初挑戦。暗中模索を経て演じきった2人は、互いの関係性を「兄弟弟子」と表現する。

 人気急上昇中の漫才コンビ「エミアビ」の海野(前野)が、自動車事故で死んでしまう。残された相方・実道(森岡)は、マネージャーの夏海(黒木華)とともに恩人である先輩芸人・黒沢(新井浩文)に会いに行く。海野の車には雛子(山地まり)という女性が同乗しており、雛子は黒沢の妹だった。実道と黒沢は雛子の遺影に献杯するが、黒沢はこう語りかける。「実道、俺と雛子を笑わせろ」。

 森岡は、脚本を読んだ際に「漫才どうしよう」と思ったという。「一番頑張りどころでもありますし、不安でもあり、腕が鳴るところでした」。一方で前野は、「なんとかなる」と思っていたそうだ。「漫才監修の方が付くだろう」という思惑があったが、後々、そのことが窮状を招く。「バンドの映画なども、先生がついて一から教えてもらうということがよくあります。と思ったら、監修がつかないと発覚し、監督が『僕ら3人で作っていくんだ』と。そこからが大変。撮影前の1カ月ほど、暗闇のなかを歩きました」。

 これには森岡も「喉元すぎれば青春の1ページですが、やっている最中は本当にどうなるんだと思った。どこから手を付けて良いのやら、そこに一番時間をとられモヤモヤしていましたね」と顔をしかめる。しかし、テーマに掲げた“毎日顔を合わせる”が功を奏した。「後半、ネタがどんどん固まってきて、それからはバババッと漫才師になれた気がします。芸人さんの人生を追体験というと過言なんですが、100倍速でコンビになっていったのは事実です。CDの貸し借りから始まり、お互いの違いを知りつつコンビになっていきました」(森岡)、「渡辺監督も後半は付きっきりで見てくれた。新井さんの家でネタ見てもらったり、共演の松浦祐也さんに『スピードが足りない』と言われ1.5倍速でやってみたり、試行錯誤しました」(前野)。

 そもそも、森岡と前野の共通点は枚挙に暇がない。所属事務所、映画監督としてのキャリア、共演作も「片手では数えられないほど」あり、互いの関係性を「仕事仲間でありライバル」と語る。今作では最も長く濃い時間を共有しただけに、印象にも変化があった。

 前野「森岡くんの素直な部分が見えましたね。弱さみたいなものもさらけ出してくれた。さらけ出させられたのかな(笑)。でも、そこが見られたのはすごく嬉しかった」

 森岡「隣で見ていると、非常に堂々としているというか、ドシッとしている。安心感、安定感をすごく持っている」

 そして、特筆すべきは石井裕也監督との縁だ。森岡は「あぜ道のダンディ」「舟を編む」など常連で、前野は照明助手・役者として参加した「剥き出しにっぽん」でキャリアをスタートさせた。森岡は「石井さんを師匠とした兄弟弟子みたいな関係だよね」と話し、前野も「僕は大阪芸術大学で石井さんに会った“大阪枠”、森岡くんは石井さんが東京に行ってから作品をやっている人、という感覚ですね」と同調。今作で苦楽をともにしたことで、兄弟弟子のコンビネーションはさらに磨きがかかった。

 また2人はM-1グランプリ2016に出場し、1回戦を突破している。高校時代にもM-1に出場した森岡は、今回の勝ち上がりを「ラッキーだよね。滑りこみ、みたいな感じ。俺ネタ飛んじゃったし(笑)」と評価する。2回戦は、10月上旬に開催。切磋琢磨し合う兄弟弟子の挑戦と行く末から、目を離すことができない。

最終更新:9月4日(日)10時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。