ここから本文です

マティプをずっと求めていたクロップ、カン「彼はドルトムント時代から欲しがっていた」

GOAL 9月4日(日)13時32分配信

リヴァプールに所属するドイツ代表MFエムレ・カンはユルゲン・クロップ監督の選手獲得プランの裏側を説明している。

リヴァプールが早々に獲得を決めた選手の一人がDFジョエル・マティプだ。今夏、加入したマティプは今年2月には移籍することが発表されている。カンがこれについてクラブ公式サイトを通じてコメントした。

「クロップは昨年から僕に『ドルトムント時代からマティプを獲得したかった』といつも言っていた。クロップはマティプを高く評価していて、だからリヴァプールに連れてきたんだろうね」

続けて「マティプはとても良い選手だね。ボールも上手く扱えるDFだ。シャルケでリーダーとして何年もプレーしていた。彼のような選手が必要だったと思う」とマティプを評価している。

GOAL

最終更新:9月4日(日)13時32分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。