ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「青鬼」

ITmedia LifeStyle 9月4日(日)6時10分配信

 所在地は長野県北安曇郡白馬村。青鬼集落は国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。そのまま読めば「あおおに」ですが、正しくは「あおに」と読みます。

【正解はこう読みます】

 江戸時代から明治時代にかけて建てられた大型古民家が現在も残っており、昔の日本に潜り込んだような気分を味わえます。

 その名の通り、この地域には鬼に纏わる伝説が残されています。当時、鬼のような大男が村を苦しめていました。そこで村人はその大男を大きな穴へ閉じ込めました。その後、その穴から出た男は、性格が変わったかのように、村人を助けるようになったそうです。村人は大男が穴を抜ける時に魂が入れ替わったと信じ、大男を「お善鬼様」とたたえるようになったそうです。その伝説から現在でも善鬼大明神を祭神とする「青鬼神社」があり、「火揉みの神事」が執り行われているようです。

最終更新:9月4日(日)6時10分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]