ここから本文です

セカオワのファンブックがりぼんに、香純裕子によるライブレポマンガも

コミックナタリー 9月4日(日)10時15分配信

発売中のりぼん10月号(集英社)には、SEKAI NO OWARIを特集した「SEKAI NO OWARI りぼんプレミアムファンブック」が綴じ込まれている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「SEKAI NO OWARI りぼんプレミアムファンブック」には、SEKAI NO OWARIのグループ情報やディスコグラフィー、今年開催された同グループの全国ツアー「The Dinner」のさいたまスーパーアリーナ公演のライブレポートを掲載。また香純裕子によるライブのレポートマンガも収められた。

なお今号では香純の新連載「古屋先生は杏ちゃんのモノ」がスタート。同作では高校の男性教師と生徒の恋が描かれる。

最終更新:9月4日(日)10時15分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。