ここから本文です

【マクラーレン・ホンダ】長谷川祐介「3名ドライバー体制は必ずや良い結果につながる」

TopNews 9月4日(日)12時4分配信

マクラーレン・ホンダが2017年のドライバーラインナップを発表、ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介は次のようにコメントした。

●【マクラーレン・ホンダ】ロン・デニス「これ以上無いバランスの取れた完ぺきなコンビ」

■長谷川祐介(株)本田技術研究所主席研究員F1プロジェクト総責任者のコメント

「まず始めに、ジェンソンが引き続き我々の開発を担ってくれることを、うれしく思います。彼がホンダファミリーの一員になるのは、これで通算8年目になります。この2年間はとてもチャレンジングでしたが、一流のレーシングドライバーとして貢献してくれたお陰で、ここまで大きな進歩を遂げることができたことに感謝します。我々はジェンソンの知識や技術をとても信頼しており、これからもパワーユニットや車体の性能を最大レベルまで引き上げてくれると確信しています。

2017年のレースドライバーとなるフェルナンドとストフェルは、とても意欲的で、かつ速い、最高のコンビネーションだと思います。本日発表した3名ドライバー体制という新しい試みは、とてもバランスの良い体制ですから、必ずや良い結果につながるでしょう。

フェルナンドと共に戦ったこの2年間、彼のお陰で我々の開発は凄まじいスピードで進んだので、1日も早く良い結果につながるように頑張ります。
最後に、新たにレースドライバーとなるストフェルを心から歓迎します。今年既にF1やスーパーフォーミュラですばらしい結果を残していますから、2017年シーズンを一緒に戦うことが、今からとても楽しみです」

最終更新:9月4日(日)12時4分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。