ここから本文です

覚醒剤逮捕俳優の絵を高評価 小倉智昭に問われる“鑑定眼”

日刊ゲンダイDIGITAL 9月4日(日)9時26分配信

「眼力はマスゾエ以下」と、専門家たちに笑われているのが、「とくダネ!」(フジテレビ系)の小倉智昭キャスター(69)。

 覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された俳優に資金援助と報じられたことに対し、「彼の絵の才能を高く評価し、絵を買うなどして応援してきた。資金源と書かれるのは納得がいかない」と番組で反論したが、そもそも、小倉の絵画に対する見識も価値判断もあまりに的外れで、「美術品の鑑定眼でいえば、舛添要一前都知事にも劣るのではないか」というのだ。

「舛添前都知事のコレクションには大家といわれる画家の絵がかなり入っていました。今回はそれと比べるべくもない。絵画の流通価格は、たとえば専門誌に名前が載っている画家かどうかというのが基本で、プロとして売買されるひとつの条件になっています。庄司哲郎容疑者なんて名前は聞いたことがありませんし、たとえプロとして認められていたとしても、小倉が言うような号4万円は高すぎる。名も知れぬ俳優の絵画に30万円も渡したという小倉さんの感覚は関係者からすると、どうかしている」(事情通)

 たとえば、工藤静香、八代亜紀、五月みどりはそうした美術専門誌に名前は載っていないとしても、二科展入選など公募展での実績がある。

「庄司容疑者は画家の父親から絵を学び、あの羽賀研二に頼まれて梅宮アンナの肖像画を代筆したとして、週刊誌に取り上げられたこともある。そうした“実績”から、最近は俳優の仕事よりも絵を描くことが多いとフェイスブックなどで喧伝し知人らに絵を売りつけ、50万円をぼったくろうとしたりしていた。確かに美術品は好き好きで、気に入った作品をいくらで買おうが自由だけど、美術品というだけで舞い上がる人が多いのも実情。小倉さんもカモにされたのではないか」とある芸能ライターは言っている。

 小倉氏は「資金源と書かれるのだけは納得いきません」と番組で声高に反論しているが、ではこの程度の画家にどうして30万円ものお金を払ったのか、詳しく話してもらいたいものだ。

最終更新:9月4日(日)9時26分

日刊ゲンダイDIGITAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。