ここから本文です

チョ・ミンギュが5年ぶりV 石川遼は連勝逃し2位

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/4(日) 15:07配信

◇国内男子◇フジサンケイクラシック 最終日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7524yd(パー71)

名門富士桜!フジサンケイクラシックフォトギャラリー

1打差の単独首位から出た28歳のチョ・ミンギュ(韓国)が3バーディ、4ボギーの「72」で回って通算7アンダーでフィニッシュ。2位に3打差をつける逃げ切りで、2011年の「関西オープン」以来となる5年ぶりのツアー通算2勝目を遂げた。

通算4アンダーの2位には前週優勝の石川遼、片岡大育、丸山大輔、高山忠洋の4選手が入った。今大会に予選会から出場した丸山は、トップ10入りを果たしたことで次戦の出場権を獲得した。

通算3アンダーの6位にブラッド・ケネディと宮本勝昌が続き、通算2アンダーの8位に近藤共弘、藤本佳則、今平周吾、J.パグンサンの4選手。アマチュアの小斉平優和(日本ウェルネス高校3年)が、通算1アンダーの12位とした。

なお、今大会で約380万円を加算した宮本の生涯獲得賞金が10億円を突破。2011年に藤田寛之が記録して以来、ツアー史上9人目となった。

【最終成績】
優勝/-7/チョ・ミンギュ
2T/-4/片岡大育、丸山大輔、高山忠洋、石川遼
6T/-3/宮本勝昌、B.ケネディ
8T/-2/近藤共弘、藤本佳則、今平周吾、J.パグンサン
12T/-1/小斉平優和(アマ)ほか

最終更新:9/5(月) 12:04

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)