ここから本文です

<前野朋哉>現場で“相方”苦労も「めっちゃ楽しかった」

まんたんウェブ 9月4日(日)17時30分配信

 auのCMで一寸法師役に抜てきされ注目を集めている俳優の前野朋哉さんが4日、東京都内で行われた主演映画「エミアビのはじまりとはじまり」(渡辺謙作監督)のトークイベントに、ダブル主演の森岡龍さんらと登場。劇中でお笑いコンビの相方役を務めている森岡さんが「監督も全然OK出さないし。(現場で)孤独だった」と話すも、前野さんは「僕は楽しかった」と笑顔。先に現場入りした森岡さんが電話で「この現場やばいよ、なめないほうがいい」とアドバイスしたが、撮影を終えた前野さんに「めっちゃ楽しかった」と言われたというエピソードも明かされ、「前野くんは基本ハッピーだよね。追いつめられたりすることあんの?」と追及されると「あるよあるよ!」と慌てる場面もあった。

【写真特集】前野朋哉、森岡龍、渡辺大知が撮影エピソード披露 トークイベントの様子

 さらに前野さんは、森岡さんから「怒鳴られたりしごかれたりしたことあるの?」と追及されると、「怒鳴られたり……は、ないかな」とタジタジに。「追いつめられるというか、テンパるかな。現場でせりふ飛んじゃったりとか。でも怒鳴られたりはないかも……」と告白し、笑いを誘っていた。トークイベントには前野さん、森岡さんと、2人と親交があるロックバンド「黒猫チェルシー」の渡辺大知さんが出席した。

 映画は、ある日突然相方が死んでしまったお笑い芸人の物語。人気上昇中の漫才コンビ「エミアビ」の“片割れ”、海野(前野さん)がある日突然自動車事故で死んでしまう。残された相方の実道(森岡さん)はマネジャーの夏海(黒木華さん)を連れ、海野の車に同乗していた雛子(山地まりさん)の兄・黒沢(新井浩文さん)に会いに行く。黒沢も数年前までお笑いの世界にいた「エミアビ」の先輩であり恩人だった……というストーリー。9月3日から公開中。

最終更新:9月4日(日)21時8分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。