ここから本文です

巨人“負の連鎖”止まらず 大竹寛4失点KO 村田ヘッド「巨人軍として意地を…」

デイリースポーツ 9月4日(日)6時2分配信

 「巨人1-5中日」(3日、東京ドーム)

 巨人の負の連鎖が止まらない。先発・大竹寛投手が3回1/3を4失点でKOされ、4敗目。チームは3連敗で、広島のマジックをさらに減らしてしまった。ミスからの失点もあり、高橋監督は「選手自身も気を引き締めなくちゃいけないし、しっかり指導しなくちゃいけない」と厳しい表情で話した。

 初回、先頭の大島に左中間二塁打、エルナンデスに右前打を許し一、三塁。続く森野の、バウンドの高い投ゴロを捕球したが「変に合わせてしまった」と一塁へ悪送球。一気に2者が生還した。毎回走者を許し、四回1死満塁で降板。右腕は「申し訳ないです」とうなだれた。

 四回1死満塁では中間守備をとっていたクルーズが大島の正面のゴロを捕球し二塁へトス。この送球がやや浮き、併殺崩れとなって三走・高橋が生還。井端内野守備走塁コーチは「(クルーズの)球も浮いてたし、勇人(坂本)も入りきれてなかった」と説明した。

 最近10試合で2勝8敗。今カードの負け越しも決定した。締まらない戦いが続き、背後から3位・DeNAの足音も近づいている。村田ヘッドコーチは「巨人軍として意地を見せなあかん」と語気を強めた。総力戦で現状を打破するしかない。

最終更新:9月4日(日)6時41分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報