ここから本文です

極楽とんぼツアー初日は台風で延期、急遽の90分トークに会場「おかえりー!」

お笑いナタリー 9月4日(日)11時37分配信

昨日9月3日に予定されていた「極楽とんぼ 単独ライブ 全国ツアー2016」の札幌公演が、台風10号の影響により10月23日(日)に延期。その代わりとして昨日3日、極楽とんぼの2人が会場・札幌PENNY LANE24で90分におよぶトークショーを急遽実施した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

昨日の札幌公演では、ライブの衣装や小道具、舞台セットが貨物列車の遅延などにより現地に到着せず、運営側がコントライブの実施は困難と判断。公演が初日から延期される事態となった。極楽とんぼ本人は会場に着いていたため、ステージへ上がり経緯を説明。加藤が「まずは、申し訳ありません」と謝罪すると、会場は「おかえりー!」という温かい声に包まれる。続けて加藤が「なんで俺たちってこうなっちゃうのかな? 業(ごう)なのか?」と愚痴をこぼすと、すかさず山本が頭を下げて観客の笑いを誘った。

2人はそのまま流れでトークを展開することに。加藤は、山本のファッションや体型を一通りイジり、「山本さんは変わってない。自分が変わったんじゃなかな」と自問。これに対し山本は「この10年間、『スッキリ!!』おじさん、いっぱしのいい大人になったじゃん」と優しい言葉をかけた。その後、2人は劇団東京ヴォードヴィルショーで初めて出会ったときのエピソードや、山本が「なまけものブラザース」というコンビ名をつけようとしていたエピソードなど、さまざまな思い出話を披露している。

また終盤には、山本がプロ野球の審判のモノマネを披露したり、広島カープについて熱弁するひと幕も。最後は極楽とんぼが改めて「10月23日、もう1回やります!」と宣言し、「全国回って、ちょっとずつ2人でやれる仕事を増やしていきたいと思います」とコメント。ファンから花束を受け取った加藤は「2人で花束もらうの、『いいとも』卒業以来だな(笑)」と照れ笑いを浮かべていた。

最終更新:9月4日(日)11時37分

お笑いナタリー