ここから本文です

香日ゆらがゲストでまんがくらぶに、浅野りんが描く江戸川乱歩の読書感想文も

コミックナタリー 9月4日(日)12時3分配信

「大正四葉セレナーデ」の香日ゆらによる新作ゲスト作品「おじさんとポニーテール」が、まんがくらぶ(竹書房)に、発売中の10月号から3号連続で掲載される。

「おじさんとポニーテール」は人生に停滞感が出ている36歳のおじさん・高木大輔が、女子高生と知り合ったことから始まる歳の差コメディ。家の塀を飛び越えて庭に入ってきた彼女に対して大輔は、不法侵入をされている立場でありながら、女子高生が自宅にいるという状況にやましさを覚え通報の危機を感じる。しかし早く家から出てってほしい大輔の気持ちとは裏腹に、女子高生は妙に彼に懐いてしまう。

また毎回異なる作家が登場する連載コラムコーナー「オトナの読書感想文」は「であいもん」の浅野りんが執筆。江戸川乱歩の「二銭銅貨」を題材にしたイラストとテキストを披露している。

最終更新:9月4日(日)12時3分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。