ここから本文です

「自分に叫び続けた」チョ・ミンギュ、悩んで苦しんでつかんだ2勝目

ゴルフ情報ALBA.Net 9月4日(日)17時3分配信

<フジサンケイクラシック 最終日◇4日◇富士桜カントリー倶楽部(7,471ヤード・パー71)>

国内男子ツアーを特選フォトでプレーバック!

 日本に来てもう10年。最初は苦手だったという“納豆”は今ではトップ3に入る好物のひとつだ。単独首位からスタートしたチョ・ミンギュ(韓国)は3バーディ・4ボギーの“71”とスコアを落としながらも納豆ばりの“粘り”のゴルフで逃げ切り、2011年の「関西オープン」以来5年ぶりとなるツアー2勝目を挙げた。

 「自分に叫び続けた」最終日だった。前半で9アンダーまで伸ばすも、2日連続でウェアがかぶって「ナイスチョイス(笑)」と声を掛け合った同組のブラッド・ケネディ(オーストラリア)、前の組でスコアを伸ばしていた宮本勝昌らの存在はひしひしと感じていた。そんな時は「自分とコースの戦いだと“自分に叫び続けて”いました。目標にしていた10アンダーに乗せることに集中しようと思ってプレーした」。周りの存在を消して自分とコースだけにフォーカス。目標スコアには届かなかったものの、気が付けば後続とは差がついていた。

 2011年の初優勝時には“賞金王、米ツアー参戦”と大きな野望をぶち上げたが、「前回は初優勝でちょっとおかしくなっていたのかな(笑)。勢いがあったしなんでも簡単だと思ってしまっていた」と今では少し恥ずかしい思い出。この5年間は苦しい時期が続き、もっとも悩みが深かった2014年前半は「ショットもパットもすべてダメで、ゴルフをするのも嫌になっていた」。育ててくれた両親への恩返しの思いから強い気持ちを取り戻したものの、どん底を味わった時期の記憶は今も鮮明だ。

 そんな時期を味わったからこそこの2勝目はまた違った味わいがある。「はじめて優勝した気分。5年間待ったかいがあった。言葉にならないくらい」。米ツアー参戦はゴルファーとしての最終目標ではあるが今は足元を見つめている。「キョンテさんみたいに賞金王になったわけじゃない。僕はまだ2勝目を挙げただけ。だから日本で成し遂げてから次に行くのが筋だと思う」。悩んで苦しんでつかんだ大きな2勝目。この勝利は大事を成す一歩目となるはずだ。

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月4日(日)17時24分

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。