ここから本文です

ホンダFC、松本を撃破 天皇杯サッカー2回戦

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月4日(日)8時46分配信

 サッカーの第96回天皇杯全日本サッカー選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、静岡新聞社など共催)は3日、2回戦20試合を行った。

 静岡県代表のホンダFCはJ2松本に2―1で逆転勝ちし、2008年以来、8年ぶりの3回戦進出を決めた。1―1の後半22分、MF原田開が勝ち越しゴールを決めた。

 2回戦残り4試合は7日に行う。



 ホンダFC(静岡) 2(1―1 1―0)1 松本(J2)

 ▽得点者【ホ】大町(香川)原田(細貝)【松】高崎(三島)

 

 【評】JFLのホンダFCが格上のJ2松本に逆転勝ちして3回戦に進んだ。

 1点を先取されたホンダは前半29分、左クロスを大町が押し込んで同点。後半22分にシュート気味のクロスを走り込んだ原田が合わせて勝ち越した。平均身長が高い松本に対し、ショートパスでボールを動かし続けてリズムをつかんだ。

 松本はホンダの堅い守備を崩し切れず、終盤は決定機をつくれなかった。

静岡新聞社

最終更新:9月4日(日)8時46分

@S[アットエス] by 静岡新聞

スポーツナビ サッカー情報