ここから本文です

【WTCC 日本ラウンド】オープニングレースでホンダ勢が表彰台を独占、メインレースはミューラーが勝利

レスポンス 9月4日(日)19時39分配信

2016年のWTCC第9戦JVCKENWOOD Race of Japanの決勝が4日、ツインリンクもてぎで行われ、オープニングレースはノルベルト・ミケリス(ホンダ)が優勝、メインレースはイヴァン・ミューラー(シトロエン)が優勝した。

[関連写真]

2レース制のWTCCだが、今年から名称が変更され、1レース目のオープニングレースはトップ10がリバースグリッドになり、ポールポジションにミケリス、2番手にロブ・ハフとホンダ勢が好ポジションからスタート。1コーナーではしっかりライバルを抑え込むと、特にミケリスのペースがよく後続を引き離していく。さらに8番手からスタートしたティアゴ・モンテイロ(ホンダ)も上位へ進出。4番手に進出すると、レース中盤にはテッド・ビヨルク(ボルボ)を90度コーナーでオーバーテイク。3番手に浮上した。

これでミケリス、ハフ、モンテイロのトップ3となるが、10番手からスタートしたホセ・マリア・ロペスも終盤4番手に浮上。ホンダ勢を上回るペースで接近。特に最後の2周はモンテイロの背後に迫るが、追い抜くまでには至らなかった。

最後までトップを譲らず力強い走りをみせたミケリスがそのままトップチェッカーをうけ今季初優勝。2位にハフ、3位にモンテイロが続き、ホンダのお膝元であるもてぎで見事表彰台を独占した。

続くメインレースでは、フロントローからスタートしたシトロエン勢がレースを支配。ロペスとミューラーが先行し、3番手にモンテイロが続く展開となった。

一時は後続に対して十分なリードを築き、ほぼ独走状態となったロペスだが、残り2周で突然スローダウン。ミューラーがS字コーナーで逆転した。実は第11戦で予定されていたタイラウンドが都合によりキャンセルされることになり、そうなれば今回のレースでロペスの3年連続チャンピオンが決定する。チャンピオン獲得のために共に戦ってくれたミューラーへ恩返しということだったのだ。

そのまま2台はチェッカーフラッグを受け、ミューラーは日本ラウンド初制覇。2位にロペス、3位にモンテイロという結果になった。これによりロペスは3年連続でチャンピオンが暫定的に決定。9月下旬に行われる世界モータースポーツ評議会で正式にタイラウンドキャンセルの承認が出次第、タイトルが決定することになる。

しかし、パルクフェルメに戻ったロペスは母国アルゼンチン国旗を掲げ何度もガッツポーズ。チャンピオン獲得を喜んでいた。

今回スポット参戦を果たしている道上龍は両レースとも15番手からスタート。オープニングレースでは直後から順位を上げていく積極的な走りを見せるが、後半はタイヤの使い方に苦しみペースが伸び悩む。後半はかつて日本でもライバルとして戦っていたトム・コロネルと白熱のバトルを繰り広げ何度か並ばれかけるが、ポジションを守りきり11位でフィニッシュした。

メインレースでは無風で灼熱状態の車内でのレースとなり、クールスーツも上手く機能せず脱水症状を起こしてしまったが、最後までしっかり入りきり17位完走を果たした。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:9月4日(日)19時39分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。