ここから本文です

(花まる先生 公開授業)泳ごうよ、トントンパー

朝日新聞デジタル 9月4日(日)16時0分配信 (有料記事)

 ■東京・ミミスイミングクラブ 佐藤温子(ながこ)さん(69歳)

 東京五輪の水泳日本代表で、タレントとしても活躍した故・木原光知子(みちこ)さんが創設した水泳教室「ミミスイミングクラブ」(東京都品川区)。ここで約30年、知的障害や発達障害のある子に水泳を教えているのが、佐藤温子(ながこ)コーチだ。教えた生徒は250人を超える。パラリンピックなど国際大会の出場選手も育ててきた。ただ、こう言う。「選手育成が目標ではありません。どの子にも泳ぎを楽しめるようになってほしい」
 障害児の授業は、障害のない子もいる時間帯に同じプールで行う。……本文:3,504文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月4日(日)16時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。