ここから本文です

レアル・マドリー、シティが狙ったクロースとの契約を2022~23年まで延長へ

GOAL 9月4日(日)19時34分配信

レアル・マドリーがMFトニ・クロースとの契約延長交渉を開始することが明らかとなった。スペイン『マルカ』が報じている。

レアルはクロースと2020年まで結ぶ契約を、2022~23年まで延長する方針。来週にも交渉をスタートする見込みで、クロースの新年俸はFWクリスティアーノ・ロナウド、MFガレス・ベイル、DFセルヒオ・ラモスに次ぎ、MFルカ・モドリッチと同程度に設定される模様だ。

クロースに対しては、バイエルンで同選手を指導したジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティが獲得を狙っていた。しかしながらドイツ代表MFはレアルでプレーし続ける意思を明確にし、そのために契約を延長する運びとなったようだ。

なおレアルは、ここ最近に主力選手との契約を延長することに躍起となっており、C・ロナウド、ベイル、モドリッチとの契約延長はまもなく発表される見通し。3選手の新契約期間はC・ロナウドが2020年、ベイルが2021年、モドリッチが2020年までとなる予定だ。

GOAL

最終更新:9月4日(日)19時34分

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]