ここから本文です

森岡龍が新井浩文の“本気”を「マジで怖かった」と回想、「エミアビ」舞台挨拶

映画ナタリー 9月4日(日)12時34分配信

「エミアビのはじまりとはじまり」の初日舞台挨拶が9月3日、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて行われ、キャストの森岡龍、前野朋哉、新井浩文、山地まり、監督の渡辺謙作が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、相方の海野を事故で亡くしたお笑い芸人・実道が、周囲の人々との触れ合いによって“再生“へと向かう姿を描くファンタジックヒューマンストーリー。実道を森岡、海野を前野、先輩芸人の黒沢を新井、エミアビの熱狂的なファンの雛子を山地が演じている。

満員の会場でマイクを握った森岡が「今日はありがとうございます……」と初日を迎えた感動に言葉を詰まらせると、新井から「え、泣くの!?」とすかさずツッコミが入る。続けて新井は「舞台挨拶(回のチケット)が完売するかヒヤヒヤしてました。今日集まっていただいて感謝しています」と観客に思いを届けた。

前野が「今回は、漫才師役をやりましたが、相方の森岡くんが漫才経験者なので問題ない、と安心しきってました」とコメントすると、渡辺も「漫才の監修は森岡だよね」と同調。森岡は「いやいやいや」と恐縮しつつも、「じゃあ……別途ギャランティーの相談してもいいですか?」と冗談交じりに述べ、観客を笑わせる。

話題は撮影時のエピソードへ。黒沢が実道をしごくシーンについて、新井は「貯金箱を実道めがけて飛ばすところで、貯金箱は本当はCGのはずだったんだけど、テイクを繰り返しても森岡ができなくて、うちも監督もちょっとイライラして。それで本気で貯金箱をぶつけることにしたら、森岡がビビって逃げ出して、監督が『いい画が撮れた』って喜んでた」と楽しげに振り返る。新井の言葉に森岡は「マジで怖かった」と神妙な面持ちで返した。

観客へのメッセージを求められた山地が「この映画でたくさん笑みを浴びてください」と声を弾ませると、森岡は「ヒットさせたい。告知してくれるとうれしいです」と思いを述べる。最後に渡辺は「心の琴線に触れる作品ができたと思う。この作品を通して、新しい自分に出会ってほしい。気に入ってくれたら、また観てください」と真剣な表情で語った。



(c)2016『エミアビのはじまりとはじまり』製作委員会

最終更新:9月4日(日)12時34分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。