ここから本文です

蟇股(かえるまた)16点修復し公開 静岡浅間神社

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月4日(日)9時26分配信

 静岡浅間神社(静岡市葵区)の大歳御祖(おおとしみおや)神社本殿に取り付けられていた蟇股(かえるまた)彫刻の展示「かえるまた よみがえる」が3日、静岡浅間神社内の市文化財資料館で始まった。25日まで。

 蟇股は社殿上部に設けられた部材で、カエルが足を広げたような形であることに由来するという。静岡浅間神社の「平成の大改修」で第1弾となる大歳御祖神社の工事のために取り外し、修復した蟇股全16点を公開している。

 動物と植物がモチーフ。江戸時代の職人の高い芸術性とともに、色味などを忠実に再現した現代の職人の技術を、下絵や修復前の写真と見比べながら感じることができる。

 大歳御祖神社の工事完了は11月ごろとされ、展示中の蟇股は会期後すぐに本殿に取り付ける。

静岡新聞社

最終更新:9月4日(日)11時36分

@S[アットエス] by 静岡新聞