ここから本文です

チョ・ミンギュの遠かった2勝目 限界を感じてゴルフに嫌気も

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/4(日) 18:59配信

国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」の最終日。1打リードの単独首位からスタートしたチョ・ミンギュ(韓国)が3バーディ、4ボギーの「72」(パー71)と1つ落としながらも、後続に3打差をつける通算7アンダーで逃げ切り優勝。2011年「関西オープン」以来となるツアー通算2勝目を飾った。

【画像】過去にはベ・サンムンのキャディを務めたことも・・・

1m弱のウィニングパットを入れた直後に瞳を閉じ、右手でゆっくりとガッツポーズ。18番グリーンを降りるときには手で目頭を押さえ、5年ぶりとなるタイトルの喜びに浸った。

「まるで初めて優勝したような気持ち。5年待った甲斐があったし、言葉にできないくらいしんどかったので、すごく嬉しい」。韓国では1勝目は“運で出来る”という認識が強く、2勝目が遠い自分に限界を感じていたという。それだけに、ようやく手にした2つ目のタイトルに感慨もひとしおだった。

5年前の優勝会見では、賞金王や米国ツアー挑戦という大きな目標を掲げていた。「あのときは初優勝だったので、(テンションが)おかしかったんだと思います」と笑ったが、その先には予期せぬスランプが待っていた。

もっとも辛かった時期に挙げたのは、「ショットもパターも、ぜんぶダメだった」という2014年の春先から夏場にかけて。「やる気もなくなって、練習も時間をつぶす感覚でやっていた」。

そんな冷めかけた熱意に火を灯したのは、「プロとして育ててくれた」という両親の存在だった。「母を見たときに、このままじゃいけないと踏ん張ることができた」と、気持ちを奮い立たせる原動力になったという。

「アメリカを目指すにしても、まずは日本で実績を残してからだと今は思う」。長い苦節のときを乗り越えた28歳は、2回目の優勝会見では冷静に、これからの青写真を描いた。(山梨県富士河口湖町/塚田達也)

最終更新:9/4(日) 18:59

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています