ここから本文です

【ホンダF1】「メルセデス勢とはストレートで大きく離されていた」

TopNews 9月4日(日)18時33分配信

F1イタリアGP2日目を終え、ホンダF1プロジェクト総責任者の長谷川祐介は次のようにコメントした。

■長谷川祐介 (株)本田技術研究所 主席研究員 F1プロジェクト総責任者

「当初からモンツァでの週末は、厳しい戦いを強いられると予想していましたが、本日の予選でフェルナンドが13番手、ジェンソンが15番手という結果に終わったことは、やはり残念でした。

McLaren-Hondaの両ドライバーは本日のFP3および予選ですばらしい走りを見せてくれたものの、このパワーサーキットの特性上、メルセデス・エンジンを搭載した8台のマシンとは、ストレートで大きく離されていたことがタイム差の要因となってしまいました。

ロングランペースは安定していることと、レースではタイヤを自由に選択できるメリットを生かし、ポイント獲得のための戦略をチームと検討し、明日に向けて準備します」

最終更新:9月4日(日)18時33分

TopNews