ここから本文です

<宇多田ヒカル>NHKの「SONGSスペシャル」に出演 糸井重里とも初対談

まんたんウェブ 9月5日(月)4時0分配信

 今年6年ぶりにアーティスト活動を本格的に再開した宇多田ヒカルさんが、NHKの音楽番組「SONGSスペシャル」に出演することが明らかになった。番組では、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」をテレビ初披露するほか、コピーライターの糸井重里さんとも初対談。活動休止に至った経緯や、休止中の出来事、そして現在の創作活動に至るまで語りつくす。

【写真特集】変わらない!宇多田ヒカルの歌唱シーン

 宇多田さんは、1998年12月発表のデビューシングル「「Automatic/time will tell」がダブルミリオンを記録。翌99年発売のファーストアルバム「First Love」がCDセールス日本記録を樹立して以降、日本を代表するトップアーティストとして活躍を続けていた。しかし、2010年、突然ホームページ上で“人間活動”を宣言し、活動を一時休止。それからは日本を離れ、表立った音楽活動は、ほとんど行ってこなかった。

 しかし、今年約6年ぶりにアーティスト活動を本格的に再開。4月に「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」や、ニュース番組「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のエンディングテーマ「真夏の通り雨」を発表し、9月には、約8年半ぶりとなるオリジナルアルバムの発売が予定されている。

 糸井さんとの対談では、3年前に亡くなった母親、藤圭子さんへの強い思いや、昨年、生まれた第一子の存在も語る。さらに番組後半では宇多田さん歴代の代表曲を振り返るトークコーナーも。当時の映像も交えながら、自身の歌詞や歌声について語り、創作の変遷をたどる。番組のナレーションは「とと姉ちゃん」主演の高畑充希さんが務めるほか、井上陽水さんが「宇多田ヒカルの魅力を語る」コメントVTRも紹介される。

 放送はNHK総合で、22日午後10時~10時48分。

最終更新:9月5日(月)16時53分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。