ここから本文です

アロンソ、楽しさが得られなければ引退する「可能性は高い」

TopNews 9月4日(日)19時9分配信

アロンソは、2017年のルール変更でレースの「楽しさ」が得られなかった場合、引退するかもしれないと話している。

「その可能性は高い」とアロンソは『Der Spiegel(シュピーゲル)』に認めている。

「2017年末にはマクラーレン・ホンダと契約について再交渉しなければならないし、個人的な状況についても考える必要がある」

「僕も35歳だ。いまだに夢にたどり着いていなかったり、お金を稼ぐ必要があったりしたら、話は違っただろう。でも、16年間やってきたから、僕に必要なのは楽しさだけだ」

2017年からは車両規格が大きく変わり、1周あたり3~5秒のスピードアップが見込まれている。

■F1は生き残る

しかし、たとえ自分にとって楽しいものにならなかったとしても、F1は今後も生き残るだろうとアロンソは話す。

「F1が本当に危険な状況に陥ったことは一度もない。その名声やブランドはあまりにも強力だ」

「いい時代も、それほど良くない時代もあるだろう。それでも、これからも常にF1はF1だよ」

アロンソは、フェラーリを離れた決断を後悔していないと話している。

「マクラーレン・ホンダが大幅に低いレベルからスタートすることは分かっていた」

「でも、僕たちは全員、進歩しようとやる気にあふれていた」

「フェラーリでは、95パーセントからスタートして、ずっと95パーセントのままだっただろう」

最終更新:9月4日(日)19時9分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]