ここから本文です

原江里菜が3週前に急性虫垂炎、コースレコード65で49位から5位急上昇

スポーツ報知 9月4日(日)5時4分配信

◆女子プロゴルフツアー ゴルフ5レディス第2日(3日、北海道・ゴルフ5C美唄C、6364ヤード=パー72)

 49位で出た原江里菜(28)=NEC=が7バーディー、ボギーなしで大会コース記録に並ぶ65で回り、通算6アンダーで首位と3打差の5位に急浮上した。予選落ちもちらつく順位から、2週間前に虫垂炎で休養した際に学んだ「一点集中」のメンタルで猛チャージに成功した。鈴木愛(22)=セールスフォース=、穴井詩(28)=ゴルフ5=、韓国の申ジエ(28)=スリーボンド=が9アンダーで首位。

 バーディーラッシュでV争いに加わった。最終9番、残り23ヤードのラフから原が放った第3打がカップイン。チップインバーディーで締め、大会コース記録に並ぶ65をマークした。2位に入った昨年7月のサマンサタバサレディース最終日以来の好スコアで49位から5位に急浮上。「久々のビッグスコアで気持ちよかった」と満足感があふれ出した。

 3週前の大会直前に、急性虫垂炎にかかった。薬で散らしながら出場したが、翌週は休養せざるを得なかった。その際、コーチに紹介された脳の専門家に「目標を明確にして、それを命がけでやりなさい」と助言を受けた。それまで漠然と打っていたが、一打を大切にした結果が記録につながった。

 虫垂炎は12月に手術を受ける見通し。「優勝争いの土俵に立つことが重要。あしたは萎縮せずにやりたい」。3打差の首位に3人が並ぶ中、約1年1か月ぶりの通算3勝目に挑む。(浜田 洋平)

最終更新:9月4日(日)12時49分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]