ここから本文です

フェルスタッペンがビルヌーブに反論「自分こそ人を殺したことがあるくせに」

TopNews 9月4日(日)20時29分配信

1997年のF1チャンピオンであるジャック・ビルヌーブの批判に、マックス・フェルスタッペンが反論した。

18歳のフェルスタッペンについては、F1第13戦ベルギーGPでキミ・ライコネン(フェラーリ)をブロックしたドライビングが危険だったとして批判の声が上がっている。

ビルヌーブはフェルスタッペンについて、「ちょっと落ち着け。誰かを殺すことになるぞ」と警告していた。

このコメントを聞いたフェルスタッペンは、次のように反論したとオランダのテレビ局『NOS』が伝えている。

「彼は少し言葉に気をつけるべきだね。誰かが死ぬかもしれないなんて」

「自分こそ人を殺したことがあるくせに」

フェルスタッペンが触れているのは、2001年のオーストラリアGPでの事故だ。ビルヌーブはストレートでラルフ・シューマッハに接触。大破したマシンから外れたタイヤが当たって、マーシャルが死亡した。

■競技委員長から直接警告

フェルスタッペンのドライビングについては、F1イタリアGP(4日決勝)のドライバーズミーティングで議題に上ると見られていたが、一切触れられなかったようだ。

その代わりにFIAのF1競技委員長であるチャーリー・ホワイティングが個別にフェルスタッペンと話をし、警告を与えた。

フェルスタッペンは次のように話したと『De Telegraaf(テレグラーフ)』紙が伝えている。

「僕たちは前回のレースであったことについて少し話をした」

「メディアと一緒のときや、ミーティングでほかのドライバーと一緒のときより、チャーリーと単独で話す方がいいい」

最終更新:9月4日(日)20時29分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]