ここから本文です

復縁しない!「HAWAII FIVE-0」スティーヴの新旧恋人が鉢合わせ!

シネマトゥデイ 9月4日(日)16時32分配信

 現地時間9月23日からアメリカで放送がスタートする第7シーズン中に、記念すべき第150エピソード目に達するテレビドラマ「HAWAII FIVE-0」で、主人公スティーヴ・マクギャレットの新旧恋人が鉢合わせするようだ。スティーヴの元恋人で婚約寸前だったキャサリン・ロリンズを演じたミシェル・ボースと、新恋人リン・ダウニーを演じているサラ・カーターの出演が決まったとTVLineが報じている。

【写真】こちらも美人!新恋人役のサラ・カーター

 ただ、キャサリンはスティーヴとやり直すために戻ってくるわけではないそう。「彼女が出ることで復縁するのではないかと期待している人が多いようだが、これまで起きたことを考えるとそれは無理だと思う。彼女が登場するのはストーリーに必要だったからだ」と製作総指揮のピーター・M・レンコフはEW.comにコメントしている。

 また、スティーヴの母親ドリス・マクギャレット(クリスティーン・ラーチ)も記念エピソードに登場するとのこと。このエピソードで、彼女とウォー・ファット(マーク・ダカスコス)の関係をめぐるストーリーに終止符が打たれるようだ。

 一方、同ドラマでヘリコプターの操縦士フランク・バマを演じているジミー・バフェットが、情報番組「トゥデイ(原題) / Today」に出演した際、「今シーズンが最後」と何度も口にしたことで、最終シーズンかとうわさになったが、ピーターは「まだまだ続く」とTwitterで打ち切りを否定している。(澤田理沙)

最終更新:9月4日(日)16時32分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。