ここから本文です

藤本つかさ「自慢の後輩がLINE詐欺に!」

東スポWeb 9月4日(日)16時57分配信

【We are U―23女子プロレス代表】藤本つかさ(アイスリボン)

 どうも~! アイスリボン取締役選手代表の藤本つかさです。アイスリボンは夏の怒とうの連戦が終わり、またひとつ成長した気がします。ライトセーバーで刺されたり、「夏夏夏夏ココナッツ」を歌ったり、海でブレーンバスターしたり、きゅうりを食べながらバケツの水かぶってズブ濡れになりながらドロップキックしたり…。文字だけ見たらなんのこっちゃですが、全部試合中の出来事です。

 ということで、今回のコラムは熱い夏をともに過ごした自慢の後輩を紹介しましょう。今回はしっかり者の雪妃真矢(ゆきひ・まや)。「美人」という言葉がピッタリ。スタイル抜群。フェリス女学院大卒業。英語、韓国語が得意! 銀行に勤めていましたが、プロレスに魅了され、この世界にやってきました。これだけでも分かる通り、とにかくしっかり者なのです…いや、しっかり者だと思っていたのです!

 その1。ある日、叫びながら事務所に来た雪妃。ほら、よくあったじゃないですか。LINE詐欺。あれって引っ掛かる人いるのかしら?と思ってたのですが、いたんです。こんなにも近くに。8万円とサヨナラしてました。後に「LINE詐欺撲滅」と書かれたTシャツを着てました。

 その2。ある日、また叫びながら事務所に来た雪妃。「ぶじもどざぁ~ん」。ど、どうした? タンスの角に足の指をぶつけ、あまりの痛さに空転受け身を取り、骨折。欠場。本人号泣。

 でもね、私にはこれさえもかわいく思えてしまいます。美人は3日で飽きるという言葉がありますが、一緒にいる時間が長ければ長いほど、雪妃真矢の面白さが倍増します。飽きるとかない。人間はそういうものです。せっかくプロレスラーになったんだから、すべてさらけ出して、ネタにすればいいんだよ。ギャップ好きにはたまらない!そんなしっかり者でちょっとドジな雪妃真矢をよろしくお願いします! CD発売も決定したので、お楽しみに~♪

最終更新:9月4日(日)16時57分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。